開催概要

南砺市いなみ国際木彫刻キャンプは「木彫りを通して世界をつなぐ」をテーマに4年に一度開催しています。

タイトル画像

世界各国から招かれた彫刻家が、原木を作品として完成させるまで野外で公開制作を行います。作品の出来を競い合うための「コンクール方式」ではなく、世界各国から集まった作家と来場者とが、制作期間中にお互いの民族や伝統、文化にふれあうことも目的とする「キャンプ方式」となっているのが大きな特徴となっています。

また、キャンプの運営にはボランティアスタッフが大きな役割を果たしています。その内容は通訳や広報、会場の受付・案内から清掃等々、多岐にわたり、毎回市内外から参加して頂く多くのボランティアの皆さんに支えられてキャンプを開催しています。

タイトル画像

これまでに参加した作家は日本も含め43か国123人と12団体。世界の作家の技を直に見ることができ、作家を交えた国際交流イベントも多数催されるこのキャンプは、木彫刻のイベントとしては国内最大規模を誇り、今では南砺市、富山県を代表する国際交流イベントとしても広く知られています。

今回で8回目となるキャンプは、2019年8月18日(日)から30日(金)までの13日間、南砺市井波芸術の森公園で開催いたします。
今回の会場は、井波彫刻総合会館、いなみ木彫りの里に隣接しており、近くには過去の木彫刻作品が並ぶ、大門川河川公園があります。このような芸術性豊かな空間で、匠の妙技、民族色あふれる作品、木彫刻作家とのふれあいをお楽しみください。

木彫刻のまち、南砺市井波にぜひお越しください。